まっしゅ☆みんくとGo-Luck!

アクセスカウンタ

zoom RSS 何やら「宝塚とOSK」の関係に似てきたボークスとアゾン。

<<   作成日時 : 2017/05/10 22:47   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

ごきげんさんですねぇ。
「永遠の少年」Go-Luck!求道です。

【注】本日の記事は、企業・団体の
敬称を省略します。予めご了承ください。



きょうはお休み。
ウチのカミさん(DDユキノ)とカーナの
生活の場となっている寝室の書棚
(画像でカミさんが座ってるクッションの下)を
空っぽにして掃除しました。
画像

これからお迎えする、
ハピクロちゃんたち&ノワちゃんの
居住スペースにするためです。

フフフ…キレイにするとやっぱキモチいいワイ。
どんな空間にしようかなあ。
早くもアイデアがチラホラ浮かんできてます。
楽しみ〜♪


さて…

このハピクロや、ノワちゃんの新シリーズ
「アイリスコレクト」のように
オリジナルの展開が活発なアゾンと、
対照的にオリジナル路線を停滞させて
版権モノの展開にひた走るボークス。

この両者、何か
「宝塚とOSKの関係に似てきたな…」と
感じるのはワタクシだけでしょうか。


ワタクシが元々(ドール趣味にハマる前)、
宝塚とOSKの娘役ファンだったことは
以前からの読者様はご存知かと思います。

が、ワタクシは、
海外ミュージカルなどの大作芝居や
マンガなどの「俗っぽい題材」の舞台化で
世間の注目を集めようとする宝塚よりも、
レビュー劇団の本分かつ個性たる
「レビューショー」をメイン公演と位置づけ、
真摯に取り組むOSKの方に
好感を持っていました。

わざわざ「娘役」ファンと限定したのは、
その他にも何かと不満の多かった宝塚の、
劇団そのもののファンはやめていたからです。


海外ミュージカルやマンガ=版権ものに力を入れる宝塚と、
レビューショー=オリジナルに力を入れるOSK。

ほら!

ボークスとアゾンの関係に似てるでしょ?


このブログで再三申し上げているとおり、
「どっちがいい悪い」って問題じゃないんです。

ユーザー(ファン)が「どっちを選ぶか」の話です。

で、レビュー派、オリジナル派のワタクシは
OSKとアゾンを支持した、ってことです。


ただ…

ワタクシね、
宝塚には不満たらたらでしたけど、
ボークスには特に大きな不満は感じないんです。

それはなぜかというと、
宝塚とOSKは残念ながら、
劇団の規模が雲泥の差。

OSKは劇団の好感度は高いのに、
メディアへの露出が皆無に等しいんですよ。

だからこそワタクシは、
「宝塚、何とかしてくれよ〜!!」
と叫ばざるを得なかった。


しかし。

あくまでワタクシ目線では、ですが
ボークスとアゾンの規模には差がない。
メディア露出も互角…どころか、
HPの商品ギャラリー(サンプル画像)の充実度は
アゾンの圧勝!と言っていいほどです。

だから、たとえボークスが
版権もの路線を突っ走ろうと、
アゾンがやってくれるからいいじゃない!
…って、大らかになれるんですよ。

それに何たって、ボークスは
カミさんの生まれ故郷だしさ。

おまけに、ついにアゾンの1/3ちゃんも
ドールアイの搭載に至ったワケですし。

だから、ボークスもアゾンも、
それぞれの道で
やるならやっちゃえ!どんどんやっちゃえ!
なんです。ワタクシ的には。


あー…こうして見ると、やっぱ
ドールの世界はレビュー劇団の世界より平和だわー。

こっちに来て良かった〜。



☆きょうもありがとうございます。
皆さんのドールライフもますます
幸せ度UPしますよ〜




↓きょうもありがとうございます。
ついでにひと押しポチっとな!
きっといいことありますよ(笑)
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

にほんブログ村 コレクションブログ アゾンへ

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Go-Luck!求道さん、こんにちは。
アゾンドールお迎えの準備が順調に進んでいるようでとっても楽しみです☆。:+ヾ(*゚∀゚*)ノ+:。☆ 確かに、オリジナルドールという点ではボークスにはSDがあるので、DDは今後版権ものメインにシフトしていくのかもしれません。その意味では、アゾンはオリジナルシリーズがメインなので、楽しみが多いかもですね。また、オビツ系(アゾン系)ボディの性能は可動域、保持力共に秀逸なので、表現の幅という意味では可能性が一気に広がると思います。ボークスにはそれを補って十分な造形美があるので、なかなか両者甲乙つけがたいですが、これからも健全な競争のもとに進化していってほしいですね。
Dollghtersパパ
2017/05/13 15:21
パパさん、いつもありがとうございます!
実はたった今、秋葉原のラジカンから
帰ってきたところです(笑)。
「健全な競争のもとに進化を」…
まったくそのとおりだと思います。
そして、お互いがお互いのよさを
追求していくのが、一番理想的な
共存の仕方だと思いますね。
両社とも、今後の展開を
楽しみに見ていきたいです。
Go-Luck!求道
2017/05/13 15:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
何やら「宝塚とOSK」の関係に似てきたボークスとアゾン。 まっしゅ☆みんくとGo-Luck!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる